星めぐりの道具箱

望遠鏡作り、双眼鏡、惑星撮影など

古い双眼鏡

CARL ZEISS 8x40 DELTAR 双眼鏡の分解、清掃 その1

8x40 DELTAR、今から90年近く前、1937年にカール・ツァイスから発売されたこの双眼鏡は画期的な超広視界と非球面レンズの採用で有名です。入手したものは片側のプリズムに大きなクラックが入っており、この双眼鏡の単眼鏡タイプ (DELTARMO) からプリズムを取…

ERNST LEITZ 8x30 双眼鏡の分解、その3

右接眼鏡筒にはレチクルが入っています。レチクルを入れた金物を鏡筒にねじ込んで光軸方向の位置調整をしているようですが緩まなかったのでそのままの位置にしています。距離としては無限遠ではなくある程度の近距離に合っています。 レチクルは真鍮製の鏡筒…

ERNST LEITZ 8x30 双眼鏡の分解、その2

その後、対物レンズ鏡筒を分解しました。ボディーからのレンズ鏡筒の取り外しは容易でしたが、鏡筒から対物レンズ室の取り外しには苦労しました。 上左から飾り環、対物レンズ鏡筒(右鏡筒) 下左から対物レンズ室押さえ環、偏心環、対物レンズ室 対物レンズ…

ERNST LEITZ 8x30 双眼鏡の分解、その1

2月から家の改修工事のため仮設の足場に囲まれて落ち着かない生活です。双眼工房のページに古い双眼鏡の記事を書いてきましたがブログに続けていきたいと思います。この双眼鏡は戦前のもので8x30の広視界タイプ、右眼にはレチクルが入っています。素直でシ…