星めぐりの道具箱

望遠鏡作り、双眼鏡、惑星撮影など

2022/9/26 土星、木星、火星

9月26日は前日から晴れて風も弱く安定した天候なので夕方から24インチをセット、土星木星、そして夜中に火星を撮りました。

 2022-09-26-1225_0 (UT)  Seeing: 6/10   Trans:3/5  CM I 252.3° CM II 111.8° CM III 110.5°  24” (610mm) f4 Newtonian (Dobsonian)  5x Powermate ZWO ASI462MC  ADC  (with Baader UV/ IR cut filter)  10.1 ms, 60sec x4, 30%frames stack (derotation 4 images) 

 

2022-09-26-1439_9 (UT)  Seeing: 7-8/10   Trans:3/5     CMⅠ 41.7° CM II 17.7° CM III 308.3°

 5x Powermate  ZWO ASI585MC  (with Baader UV/ IR cut filter)     20.3 ms, 60sec x1, 50% frames (987 frames) stack

衛星エウロパ木星の影に半分隠れたところです。

2022-09-26-1447_2 (UT)  Seeing: 8-9/10   Trans:3/5     CMⅠ 46.2° CM II 22.2° CM III 312.7°

 5x Powermate  ZWO ASI585MC  (with Baader UV/ IR cut filter)     20.3 ms, 60sec x2, 30% frames stack (derotation 2images) 

9月27日に衝を迎える木星は南中近くなり高度も高くなりました。この時間に気流がとても安定して大赤斑の中の渦巻模様を初めて撮ることができました。パソコンのモニター上でも大赤斑の中央の赤い部分がよく見えました。

                   

                  (2022-09-26-1447_7 (UT) )

 上の写真の動画です。安定した気流でした。容量が80MBあり少し時間がかかります。

 

 2022-09-26-1827_4 (UT)    Seeing:7/10  Trans: 3/5  CM=20.3° Dia=11.6”

5x Powermate  ZWO  ASI585MC  ADC   RGB (with Baader UV/IR cut filter)   8.2ms  60sec x4 30% frames  stack     (derotation 4images) 

少し風が出てきました。夜中の3時過ぎに砂嵐が発生しているという火星を撮りました。高度が高く経緯台構造のドブソニアンでは動きが重くなります、脚立に上り降りしながら大分時間を費やしてなんとか視野に導入できました。     

木星の衛星(9月13日)

このところ台風が続き9月13日以降は撮影ができませんでした。今日は9月13日に撮影した動画から木星の画像を処理し直してみました。

ガリレオ・ガリレイが発見し、天動説を否定することにもなった木星の4大衛星は、古くは食現象の時刻予報が航海での経度の測定に用いられ、またその誤差が光速度の検出にもつながりました。

木星に近い順にイオは木星が衝の際の視直径が1.15秒(半径1815 km)、その外側を回る、エウロパは視直径が1.02秒(半径1569 km)その外側を回るガニメデが最も大きく視直径が1.82秒(半径2631 km)、さらにその外側を回るカリストは視直径が1.64秒(半径2400 km)です。

地球の衛星である月の半径は1738km、水星の半径は2439kmでガニメデはこのどちらよりも大きな衛星になります。 

2022-09-13-1402_5 (UT)  Seeing: 8/10   Trans:2/5  CM I 124.4° CM II 199.8° CM III 126.9° 

610mm f4 Newtonian (Dobsonian)  5x Powermate ZWO ASI585MC  ADC  (with Baader UV/ IR cut filter)  10.5-ms, 60sec, 50%frames stack

左側から、イオ、カリスト、ガニメデになります。大きさの違いがわかります。

                        

2022-09-13-1836_0 (UT)  Seeing: 8/10   Trans:2/5  CM I 291.2° CM II 5.2° CM III 292.3° 

610mm f4 Newtonian (Dobsonian)  5x Powermate ZWO ASI585MC  ADC  (with Baader UV/ IR cut filter)  11.1-ms, 60sec, 50%frames stack

右上にガニメデが木星本体に近づいてきています。夜中に起きて撮りました。気流は良かったようですが、ピント確認を忘れてピンボケ、さらにdebayerのチェックを外すのも忘れていました。

 

ガニメデの写真の画像処理ができたので追加します。(9月24日)

元の動画にはガニメデとエウロパを撮ったのですがAS3でうまく画像処理ができませんでした。PIPPを使ってガニメデだけをオフセットして切り抜いた動画を作ったらうまくできました。

 

  2022-09-13-1358_7 (UT)       上は同時刻のWinJUPOSの画像

610mm f4 Newtonian (Dobsonian)  5x Powermate ZWO ASI585MC  ADC  (with Baader UV/ IR cut filter)  20.1-ms, 60sec, 30%frames stack

 

2022/9/13  木星、土星

9月13日は蒸し暑く風のない気流の良さそうなお天気でした。雲がありましたが雲間からと思い夕方から24インチを組み立てました。

雲のきれたところでまず土星を撮影しました。透明度はよくありません。眼視で800倍近く(ニコンNAV-5SW+EiC-16)にしてもそれほど像は乱れません。エンケの間隙はみえるような感じもありますが、もう一段気流の安定がほしいところ。

 

木星に望遠鏡を向けました。気流はさらに安定しています。衛星がブレずに丸く見えます。各衛星の大きさの違いがはっきりとわかり、表面模様の濃淡がわかります。一年に何回もない安定した気流でした。

2022-09-13-1348_5 (UT)  Seeing: 8-9/10   Trans:2/5  CM I 115.9° CM II 191.4° CM III 118.4° 

610mm f4 Newtonian (Dobsonian)  5x Powermate ZWO ASI585MC  ADC  (with Baader UV/ IR cut filter)  9.9-ms, 60sec, 30%frames stack

気流がとても安定していたのでこれまでにない高解像の画像が撮れました。上の画像はWinjuposによる合成は使わずに60秒の動画(1727枚の30%)からスタックしています。FPSは28(avg)でした。次回はもっと枚数を稼ぎたいです。衛星(イオとカリスト)も撮れました(本体と明るさが違うのでフォトショップで覆い焼をして揃えています)。

2022-09-13-1535_5 (UT)  Seeing: 8-9/10   Trans:2/5  CM I 181.2° CM II 256.0° CM III 183.1° 

610mm f4 Newtonian (Dobsonian)  5x Powermate ZWO ASI224MC  ADC  (with Baader UV/ IR cut filter)  9.3-ms, 60sec, 50%frames stack

南中近くでは赤緯のずれが小さくなんとかASI224の画角で撮影ができました。60秒の動画(3839枚の50%)からスタックしました。FPSは63(avg)です。

このあと夜中に起きて大赤斑を撮ったのですがピントの確認を忘れてピンボケ、残念。

硝子玉の中の宇宙

昨日、さいか屋藤沢店でノグチ ミエコ展、「Reborn」(再生)を見学してきました。ノグチ ミエコさんは宇宙や自然への思いを込めた硝子工芸作品を作られています。今回は閉塞感のあるこの数年間から不死鳥のように蘇る願いを込めた作品展とのことで100点ほどの作品が展示されました。その中でも宇宙を封じ込めた硝子玉に心惹かれます。

 

 

地球を作るのは一番手間がかかるそうです。

10の21乗m-092銀河

Great conjunction 2022

Great conjunction 2022

眺めていると宇宙旅行しているような不思議な感じ。

Galaxy

 

富士山や不死鳥を題材にした作品

滝を題材にした作品、古来からの日本人の滝に対する神聖な思いを形にしたもの。

このほかにもワイングラスや皿など、多くの作品が展示されていました。美しい作品を眺めて楽しいひと時を過ごしました。

24インチで惑星撮影

やっと24インチドブソニアンで土星木星の初撮影をしました。まずアイピースニコンNAV-5SW)480倍で土星を観察。18インチと比べて色が濃く、明るくシャープに見えます。薄く透き通ったC環(ちりめん環)もよく見えました。重い大きいと問題もありますがこの眺めには代えられません。初めて小さな望遠鏡で土星を見た時と同じような感動がありました。

2022-08-07-1423_8 (UT)  Seeing: 7/10   Trans:3/5  CM I 225.2° CM II 257.0° CM III 315.9° 

610mm f4 Newtonian (Dobsonian)  5x Powermate ZWO ASI462MC  ADC  (with Baader UV/ IR cut filter)  12.3-ms, 60sec x3, 50%frames stack (derotation 3 images) 

土星の衝が8月15日なのでそれもあって明るく見えていると思います。

 

18インチによる昨年8月の土星です。今年よりも環が開いています。

土星 2021-08-05-1510_0 (UT)  Seeing:8/10 Trans:3/5  CMⅠ=5.9° CMⅡ=10.8° CMⅢ=152.3°

 

2022-08-07-1829_1 (UT) (08-08-0329_1 (JST))    Seeing: 7/10   Trans:3/5  CMⅠ 200.3° CM II 196.6° CM III 113.9° 

610mm f4 Newtonian (Dobsonian)  Televue barlow 3x  ZWO ASI462MC  (with Baader UV/ IR cut filter)  1.6-ms, 60sec x3, 50%frames stack (derotation 3images) 

画面の揺れが大きく5xパワーメイトだと画像がはみ出すので3xバーローレンズで拡大しました。ADCは使っていません。

 

赤道儀プラットホームのローラーの滑りですが、問題なく動きました。ここまでは良かったのですが、いろいろと問題が発生。

 

1. 微風でよく揺れた

赤経赤緯駆動モーターのボリュームをパソコン画面を見ながら絶え間なく動かさねばなりませんでした。18インチと比べて剛性が向上することを期待していましたが現状では同程度です。木造の床のためか?

 

2. 赤緯のずれが大きい

赤道儀プラットホームの構造から考えて北緯35°より高い緯度向けの設計ではないかと気になっていましたが、東南の空の土星がどんどん北にずれていきます。赤緯モーターの速度調整でなんとか補正しました。風によるブレがなければ一定速度でずれを補正することもできますが、直すには南側軸受けの改造、または、ドブソニアンでよく使われているServoCATのような自動経緯台化ですが像回転が気になります。

 

3. 赤道儀プラットホームのリセット

18インチ用では片側を持ち上げてローラーの上の円弧板をずらしてリセットしていたが24インチは重さがあるのでかなり重労働です。簡単にリセットできる構造にしたい。

 

4. 脚立に載るのが怖い

脚立は18インチで使っていたもの(足場の最高の高さ80cm程度)を使いましたが火星を見ようとしたら接眼部に届きません。木星も高度が高く転落が怖くアイピースをしっかりと覗けませんでした。もう少し高く安定したものがほしいです。

赤経駆動ローラー

赤道儀プラットホームに製品として取り付けられていた赤経駆動ローラーは、アルミ合金製の外径Φ12mmのものでした。これが円弧状の相手部品(これもアルミ合金製で厚さ8mm)に接して摩擦力で駆動するものです。当初18インチドブソニアンを載せて使った際には問題はなかったのですが、24インチドブソニアンを載せて星を追尾してみたらローラーが滑って追尾ができません。原因は搭載重量増加でしょうか?

 

動かないと撮影はできないので改造することにしました。ネットで検索するとローラーの摩擦力で悩んでいる方は多いようです。いくつか試してみました。

 

1. ローラーに塩ビチューブを接着してみた。写真のようにチューブを被せ接着して負荷(自分の体重)を載せて動かしてみました。結果はチューブが簡単に剥がれてしまいました。載せる重さが軽いうちは問題なく動いたのですが、搭載重量を増やすと動きません。

 

2. 紙やすりを相手部品に接着すると滑らないとあったので試してみました。#800の耐水ペーパーを両面テープで接着してみました。これも搭載重量が軽いうちは問題なく動きましたが体重をかけると追尾しません。部品を見たら耐水ペーパーに穴が開いていました。

 

星見屋さんではゴム被覆のローラーを準備したようです。これも候補でしたが、搭載重量が重いのでゴムが剥がれないか気になります。径を少し大きくしたほうが接触面積が増えて滑らないのではと考えウレタンローラーを探しました。機械部品を扱うミスミに使えそうなサイズのウレタンローラーが見つかりました。最近は個人にも販売しているのがありがたいです。外径Φ20mm、ウレタンの硬度は一番硬いタイプを選び注文しました。元からのΦ12mmローラーには固定用のM4ビスがあるので同じ位置にM4のタップ穴加工をして軸受けに取り付けました。

外径が大きくなったので軸受け部品の干渉する部分を削り、取り付けねじを皿頭に交換しました。空回り側と駆動側の2箇所とも交換しました。うまく動いてくれるとよいのですが。

 

FireCapture2.7.1の画面設定

惑星撮影にはFireCaptureを以前から使っていますが、年末に買い替えたパソコンに昨夜FIreCapture2.7.1をダウンロードしました。以前2.7のβ版を古いパソコンに入れた際にFlipX,YとDebayerを含む「Options」の表示が左側の表示欄から消えていて表示するのに苦労しました。今回もその際のことをすっかり忘れていたのでメモも兼ねて参考にしていただければと思い記載することにしました。

V2.5では最初から左側にあったOptionsの見出しがありません。これを設けるには、Settingsの中にあるLayoutをクリックします。

右側にOptional task panels (Main window)が開くのでOptionsの項目にチェックを入れて閉じます。

ついでですが、この画面ではNight modeの隣のChange colorで画面の色もお好みに変えられます。私はダークグリーンにしてみました。

左側の主画面欄に「Options」の項目が加わりました。